只今、自分探し中!日々の日記&好きなこと(嵐やゆず)についてつづります♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嬉しかった事&悲しかった事
2011年03月02日 (水) | 編集 |
今日も完全ワタクシゴトです。
そんなのばっかりですみませんm(__)m

先日は、沢山のコメントありがとうございましたm(__)m
個人的にメールをいただいたりと
本当に嬉しかったです♪

私のリアル友や元会社の先輩、後輩、同僚などにも
報告しましたが皆喜んでくれました
望まれて生まれてくるって
本当に嬉しいですね
もちろん、私達夫婦や親兄弟はまさしく
待ち望んでいるわけで!

先日の報告に関連しまして
去年の人生で一番嬉しかったことと悲しかったこと
書かせていただきます。

本当は文字にしなくてもいいのかもと思うのですが…
これをエントリーするのも悩みました。
どう思われるのかもわからないし、
嫌な思いをするかもしれないし
知ってもらう必要がないことかもしれないし…
でも、少しでも自分の中で昇華できるならと思い
思いつくまま書きたいと思います。

なんか月の初めに書くことじゃないし
自分で水を差す感じにはなりますが…

以下、長くなりますのでお時間ある方
どうぞです。
まずは、一番嬉しかったこと
まぁそれはおわかりかと思いますが妊娠ですね♪

実は2年ほど不妊治療してました。
結婚する前から旦那さんとは一緒に暮らしていたので
入籍したらすぐに子供を作る計画でした。
1年もたたない頃、旦那さんのお友達が
次々と妊娠したのがきっかけかな?
そのお友達夫婦は結婚6.7年とかで
中には出来なくて不妊治療している夫婦もいました。
そんなお話も聞いていたので
新婚にしては早めに病院に通い始めました。
病院でも結婚1年未満なので、焦るような感じではなかったです。
私的には30歳過ぎてたので、早く欲しかったですが。

トータル2年治療しましたが、途中病院を変えました。
最初は、やっぱり恥ずかしい気持ちがあり
女医さんのいる病院を近場で探して
通っていたのですが、レディースクリニックの為
妊婦さんはいるはガン検診にきている方はいるは
それはしょうがないけど、いや当たり前か!?
精神的に妊婦さんの姿を見るのは辛かったですね。
しかし、一番は女医さんと私がまぁ~合わない!?
人の話聞いてくれなくて、きちんと説明してくれなくて
不信感が募る募る…
1年通って、最後は引っ越ししますと嘘をついて
転院しました。
その後、すぐ本格的に治療をするためにも
会社を辞めました。
会社を辞めたのは、まぁ色んなストレスもあって
妊娠にはストレスも良くないしなぁ~って
思いもあったので。

すぐに、ネットなどで探して探して
評判の良い不妊専門病院へ通い始めました。
少し小さい病院ですが、体外授精も行っている
きちんとした病院でした。
不妊専門だけあって、プライバシーにも配慮してあるし
(名前で呼びだしたりしません)
子供を連れての来院を遠慮してもらっていたりと。
院長先生1人で主に診ているのですが、たまに女医さんも
いらっしゃってました。
もうね、1年時間を無駄にした私にとって女医さんでなきゃ!
なんて考えは毛頭なかったです。
私にとっては、女医さんとは相性が悪いので
むしろ男性のお医者さんのほうがいいくらいでした。
そこの院長先生はすごく感じがよく
最初に診ていただいた時、大丈夫、絶対できるからね!
と声をかけてもらえました。
絶対なんてないけど、その一言がどれだけ嬉しいか
転院してよかった♪と思えた瞬間でした。

その後、ずっと通院をして
1年が過ぎた頃、なかなか思うように授からず…
私達にとって最終治療の体外授精へのステップアップ?
を提案されました。
もう、治療を始めて授からなかったら
転がるように体外まで進むんだろうなぁ~って
漠然と考えてはいましたが、その時がきたのかと。
もちろん旦那さんとは話し合いました。
治療費がバカにならないし、体力的にも精神的にも
辛いのはなんとなくわかってたしね。
もう、ここまできたら挑戦しないって考えは私達夫婦にはなかったです。

体外授精に進むにあたっては、病院で行っている
説明会に参加します。
希望制ではありますが、予約がすぐ埋まっちゃう感じ!?
旦那さんと二人で参加しましたが
本当に多くの悩める夫婦がいるんだぁ~って
実感しました。
うちもその一組ですね。

知ってますか?体外授精について。
私も自分で色々調べてはいましたが
本当に大変です。
金銭的はもちろん、やっぱり精神的・体力的に辛いです。
時間との勝負でもあるし、
病院がやっていない時間にクスリを投与しなければいけないので
自分でお腹に注射したり…
卵を体内で育て、中には上手く育たない場合もあるので
薬のんだり、排卵誘発剤つかったり
手術台で採卵して、人の手で授精させて、分割後
体内に戻す。
この過程が上手くいかない場合ももちろんあるし
体内に戻したって、着床しないこともある。
道のりはとっても長いのです。
妊娠って、奇跡の結晶です☆

果たして、私にできるのかな…って不安しかなかったですが
もうやるしかないし、なるようになるのかなって。
説明会に参加した後も、話し合いましたが
考えは変わらずでした。
頑張る!と。

次の生理がきたら、チャレンジするって段階まできていました。
そんなギリギリの矢先、妊娠がわかりました。
もうね、全然信じられないくらい嬉しかったです。
こんなことってあるんだって!
それが去年の7月終わりです。

不妊治療してるので、妊娠は4週でわかります。
7月の終わりに4週でわかって
その後は1週間ごとに病院へ通いました。
5週で胎嚢が確認できました。
子宮外ではない正常妊娠でした。
6週で、まだ心拍確認できませんでした。
大きさは少し小さい?不安になりました。
7週、やはり心拍確認できませんでした。
大きくなってません…少し下がってきてました。
8週手前で、稽留流産と診断されました。
流産って普通の妊娠の20%の確率であるって
知らなかったです。
まさか自分が流産するなんて思いもしなかったです。
すっごくすっごく悲しかったです、これが人生で一番悲しい事です。
私は恵まれてる方で、旦那さんの両親・自分の両親も
持病はあれど健在です。
ごくごく身内の死など経験があまりありません。
祖父母は自分が小さい時に亡くなっているので
記憶にほとんどありません。
そんな私にはすごく辛かったです。

この間、すっごくすっごく色んなこと考えました。
すっごくすっごく不安でした。
でも、予定が入っていたので普通に過ごしました。
かえって、家にいるより考えずに済み
よかったのかもしれません。
実は、まだ嬉しい気持ちの時にゆずのライブがありました。
すっごく近い席だったんです!
一緒に参戦する友達には妊娠を伝えました。
ゆずのライブ、しばらく行けなくなるので
見納めかもしれないし体調の心配もあったから。
でもまだ、早いから本当は言いたくなかった…
何があるかわからないから。
まさか、その何があるかが実際に起こってしまった。
それはあの時思いもしなかったですね。

その後、流産がわかり手術後友には連絡しました。
なんだかタイミングの悪い私、
友達にも悲しい思いをさせてしまって本当に
申し訳なかったです。

流産でも自然に流れてくる人もいるそうですが
私の場合はなかなか出てきてくれず
手術することになりました。
ずっと待ってても体に悪いようなので。

このブログで知り合い、お友達になったブロ友さんお1人には
タイミングもあり妊娠の報告も流産の報告もしていました。
お友達には色々イロイロ相談に乗ってもらって
アドバイスいただいて、助けていただきました。
手術当日、旦那さんが仕事でどうしても休めず
とても不安でしたが
お友達がメールをくれたり
もし万が一があったら、比較的近くで仕事をしているから
迎えに行くよって言ってくれたり
旦那さんよりも頼りになって、お友達がいたから
乗り越えられた気がしてます。
お友達がいなかったら、私どうなってたかな…
この場を借りて、お礼を言わせていただきます。
本当にありがとうございましたm(__)m

手術は嵐さん8月国立のすぐあとでした。
行けなった国立のコンサート
色んな思いがありました。
その時見上げた月、綺麗だったなぁ~
この広い世の中、嬉しいことも悲しいことも
沢山たくさんあるんだろうなぁ~って
心が空へ飛んで行きました。
例えば8月でも9月でも当たってても、行けなかったよね。
そんな運命だったのかも…

手術はあっという間でした。
大きな病気はしたことないので麻酔は初めてでした。
麻酔ってすごいんですね。
ほんの少し眠ってる間、あっと言う間に終わりました。
たぶん10分くらい。
こんなモン?痛くもなかった。
術後、出血したくらい。
正直、妊娠した実感も流産した実感もないまま
初めての妊婦生活?が終わりました。

実感なかったけど、術後はポッカリ心に穴があきました。
その頃からです、のび太くんばりに眠れる私が
不眠症になりました。
夜寝れないのはすっごく辛かったですね。
原因は明らかです。

結構ね、見た目は元気に見えてたはずです。
親兄弟にはいまだに流産したこと言ってないし
言うつもりもないです。
私って、意外と平気なのかな?
神経が図太いのかな?
演技がうまいの?
ブログも結構普通に続けてました。
ブログ更新してるほうが気が紛れたから。

その後、2か月ほど病院もお休みして
先生のオッケーがでたので治療再開しました。
治療再開後すぐの周期で、2回目の妊娠発覚しました!
これは、たぶん流産後では最短期間かな。
流産後は妊娠しやすいって噂もありますが
たぶん真実ではないだろうけど
私の場合まさしくそうだったので、すっごく嬉しかったです♪
妊娠がわかったのが11月26日です!
大野くんの誕生日☆
大野くん30歳誕生日は私にとっては一生わすれない日となりました。

すっごく嬉しかったんですが
流産の経験があるので、今回は素直に心の底から
喜べませんでした。
心拍確認できるまでは…
そしてまた1週間ごとの病院通いが始まり
5週で正常妊娠確認。
6週で心拍確認。
もう、本当に嬉しかったです!
その後すぐに、その病院を卒業となりました。
7週手前で出産予定の今の病院へ転院しました。
今は人気のある産院は、分娩予約を取るのが大変です!?
4.5週から通ってすぐに分娩予約でないと
予約取れないんですよねー
私はラッキーかな、希望の産院で予約取れました。

今は3週ごとに、妊婦検診に通ってますが
先週の安定期後の検診まで
実は不安でしょうがなかったです(汗)
生まれるまでは誰だって不安だと思いますが
たぶん人一倍、不安は大きいと思います。
実際、流産後妊娠に至り出産したお友達に
報告した時にやっぱり同じこと言ってました。
妊娠してるのに、嬉しそうな顔してないねって
そのお友達は言われたそうです。
嬉しいよりも、不安の方が大きいからです。
そのお友達の気持ちすっごくよくわかりました。

安定期まで長かったなぁ~
今はほんの少し幸せ噛みしめてます♪


そうそう、最初の妊娠の時はつわりありませんでした。
まだ初期だからもありますが
今の妊娠はわかった途端?つわりらしきものが!
つわり自体気持ち悪くて、しんどかったんですが
つわりがあるってことは赤ちゃんが育ってる証拠
そう励ましていただいたり(ブロ友さんに♪)
自分でも言い聞かせたりして
乗り越えた感じでしょうか!

私はたぶん、不妊治療してても
短期間でできたほうなのかなぁ~と。
とても幸せなことだと思ってます。
1年で2回も妊娠してるし!?
まだまだ、辛い体験されてる方沢山いますよね。
このブログの世界を知るきっかけは
不妊のカテゴリーでした。
沢山の方のブログを読んでは、毎日泣いてました。
そんな日々もありました。
そして、全く関係ないカテゴリーで始めたブログですが
今は沢山の方におめでとうと言ってもらって
相談にも乗っていただけて
ブログ始めてよかったと心から思ってます。
皆さん、本当にありがとうございますm(__)m

流産のこと、書かなくてもよかったのですが
自分の気持ちの整理のためもあり書きました。
私の記録ですので、コメントは閉じますね。
こうして、支離滅裂に書きましたが
やっぱり時間が傷を癒してくれているようです。
ちょっと前まで、本当はもっと詳しく書きたいことが
あったのですが、今の私はこれで充分な気がします。
実はもっともっと細かく書く予定でした。
でも、少しずつ昇華されてるようです。
気持ちが穏やかなせいもあります♪

でも、去年の経験後は感情が豊かになったというか
涙もろくなったというか
ちょっとした事で泣いてます。
これも、泣きながら書いてます。
先日のコメントも泣きながら読みました。
傷は癒えてるようではありますが、一生忘れることではありません。
少し強くなったのか?弱くなったのか?
わかりませんが、命の大切さは充分に学びました。

上の方に書きましたが、通常の妊娠の内20%
流産することがある、だから私の経験は珍しい事じゃなく
妊娠したことがある方5人に1人が経験してることになりますよね。
実際、最近話の流れで流産の話になり
友達のお姉さんも経験者でした。
ただ話さないだけで、身近でもあるんですね。
決して悲劇のヒロイン気どりたいわけではなく
今の妊娠継続が奇跡であって
本当に嬉しいってことが言いたかったのです。


今は皆さんに報告できてよかったと
一安心しております♪
まだまだ、沢山不安はありますが頑張るしかないかなっと!


よし!なんだかスッキリしたぞ!!
(嫌な気持ちになった方がいらしたらごめんなさいですm(__)m)


めちゃくちゃ、長くなりましたが
読んでいただきありがとうございましたm(__)m



いつも読んでいただきありがとうございます
ぽちっと応援いただけましたら、嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。